ごめん・なはり線、オープンデッキ車両で気分爽快!青い太平洋と南国の太陽を満喫したい

ゴトゴトと揺られ、高知東海岸を列車で小旅行

日本最後のローカル新線「ごめん・なはり線」は平成14年に開通し、南国市の後免駅から奈半利町奈半利駅の全21駅、42.7kmの高知県の東部を走る鉄道だ。

ごめん・なはり線のオープンデッキ車両

ごめん・なはり線のオープンデッキ車両

ごめん駅にあるキャラクター

ごめん駅にあるやなせたかし氏のキャラクター

各駅には高知県出身の漫画家やなせたかし氏によるキャラクターが描かれ、ホームで迎えてくれる。南国の眩しい太陽と太平洋の雄大さに魅せられながら、ゴトゴトとごめん・なはり線の列車の旅を満喫しよう。

各駅にやなせたかし氏のキャラクターが迎えてくれる

各駅にやなせたかし氏のキャラクターが迎えてくれる

松林と砂浜、青い太平洋が眼前に広がる

松林と砂浜、青い太平洋が眼前に広がる

各駅列車と特急列車があり、JR四国の高知駅始発の列車や、ごめんなはり線後免駅始発、後免駅乗り継ぎなど、色々と連結しているので、時刻表を良く確認して乗りたい。また、「オープンデッキ車両」や「阪神タイガース応援列車」など特徴ある列車が走っており、往復で違う列車を乗り継ぐのも楽しい。事前に時刻表で列車の時間や種類を確認しておくとごめん・なはり線の列車の旅がより楽しくなるはずだ。

オープンデッキから町並みや太平洋が見える

オープンデッキからハウスがいっぱい。のどかな田園風景が広がる

3種類のオープンデッキ車両で太平洋の眺望と潮風を満喫

ごめん・なはり線の人気車両にオープンデッキ車両がある。太平洋を悠々と泳ぐクジラをモチーフにした車両、各駅キャラクターが描かれているブルーの車両、魚や野菜のイラストが描かれるグリーンの車両があり、どの車両も海側の展望デッキがあり、開放感いっぱいだ。青く雄大な太平洋の眺望と直接あたる潮風も気持ちいい。

オープンデッキから田園風景や青い太平洋、眩しい太陽、潮風と体験できる

青い太平洋、眩しい太陽、潮風がいっぱいのオープンデッキは爽快

ごめん・なはり線、沿線にある道の駅やすヤ・シィパーク

ごめん・なはり線、沿線にある道の駅やすヤ・シィパーク

 

オープンデッキ車両だけでなく個性豊かな列車を楽しもう

一般車両やオープンデッキ車両のほかにも、様々な車両が走っている。「阪神タイガース応援列車」は黄色に黒の縦じまの阪神タイガースカラーでとても目を引きユニークだ。車内には虎マークや選手のポスターなどが掲示され、虎ファンだけでなく楽しめる。因みに沿線の安芸市では阪神ターガースのキャンプが行われている。

目を引き、ユニークな「阪神タイガース応援列車」

目を引く、ユニークな「阪神タイガース応援列車」

車内には虎マークや選手のポスターなどが掲示されている

車内には虎マークや選手のポスターなどが掲示されている

「手のひらを太陽に号」はやなせ・たかし氏が作詞した歌が車両名になっており、車内には各駅キャラクターがデザインされている。「モネの庭号」はダークグリーンの車体で、北川村「モネの庭」マルモッタンのイメージカラー。モネの庭のシンボル、青いスイレンが側面に描かれている。

ダークグリーンの車体「モネの庭号」

ダークグリーンの車体「モネの庭号」

1日の間にそれぞれの車両が走るのでオープンデッキ車両と組み合わせて乗ってみるのも楽しい。青い空と青い海、潮風と太平洋を「ごめん・なはり線」で満喫しよう。

また、ごめん・なはり線 友の会もあり「ごめん・なはり線区間、友の会特別招待券」など特典もいっぱいだ。

 

問:ごめん・なはり線(土佐くろしお鉄道)

https://gomen-nahari.com

 

ごめん・なはり線で北川村「モネの庭」マルモッタンに行こう

ごめん・なはり線の終点・奈半利駅は北川村「モネの庭」マルモッタンへの中継駅でもある。ごめん・なはり線のオープンデッキ車両で行くのも良いし、特急「モネの庭号」で行くのも良い。奈半利駅からは北川村村営バスがあるので利用したい。

ごめん・なはり線の奈半利駅からモネの庭へ

ごめん・なはり線の奈半利駅からモネの庭へ行こう

北川村モネの庭マルモッタンへ行こう

美しい北川村「モネの庭」マルモッタン

奈半利駅から北川村村営バス(北川村行き)

料:大人230円(奈半利駅〜モネの庭・片道)

奈半利駅発:9時55分・11時・12時25分・14時05分・15時03分・16時07分

モネの庭発:11時35分・13時09分・14時44分・15時44分・16時32分

  • 奈半利駅からモネの庭約9分

※(平成30年10月10日改正・高知県北川村 バス運行時刻表 より)

 

 

  • 満天四国ファンショップ